北海道のお土産

Free Website Template

知床半島

知床半島

2005年に世界遺産に登録された北海道知床半島は、原生林が残り野生生物が生き生きと命をはぐくむ見所いっぱいの観光スポットです。

大自然に触れて心も体もリフレッシュできるだけでなく、生態系や自然環境に関して学ぶこともできるお勧め観光スポットといえます。

北海道知床半島の観光スポットとしてお勧めしたいのは、知床八景といわれる名所たちです。

「知床五湖」は、周りを囲む原生林を鏡のように映す美しい湖です。湖を巡る遊歩道は一周一時間ほどで周ることができます。

「オシンコシン滝」は途中で二股に分かれていることから双美の滝と呼ばれ、「フレベの滝」は海岸線の100メートルもの高さの崖の割れ目からオホーツク海へと注ぐ滝。

「カムイワッカ湯の滝」は滝全体が温泉になっていて一番下の「四ノ滝」という滝つぼへは入湯できます。

「知床峠」は天候がよければ羅臼山や北方領土を望むことができます。「オロンコ岩」は高さ60メートルもある大きな岩で、頂上にある展望台からはオホーツク海や知床連山が一望できます。

夕陽の名所は「ブユニ岬」と「夕陽台」です。夕陽台は、夕陽を眺めながら入る温泉施設もありますので、お勧めです。

原始の大自然と、他には見られない動植物の独特の生態系の見られる北海道知床は、大人も子供も遠足のように、学びながら満足感いっぱいの観光ができるかと思います。